NEWS新着情報

COLUMN
お役立ちコラム

中部電力の0円太陽光プランの特徴は?メリット・デメリットを解説

2022.07.10 お役立ちコラム

中部電力の0円太陽光プランの特徴は?メリット・デメリットを解説
中部電力のグループ会社である中部電力ミライズでは、PPA事業の一環として初期費用ゼロで太陽光発電を利用できる産業向けサービス「太陽光発電の自家消費サービス」を提供していますが、2022年1月から家庭用向けのサービスも開始しました。それが「カナエルソーラー」です。

今回のコラムは、この「カナエルソーラー」について詳しく解説していきます。

初期費用ゼロを実現する家庭向け「カナエルソーラー」をスタート

中部電力ミライズとは、中部電力が分社化したことによって2020年4月1日に誕生した会社です。中部電力が行ってきた電力販売事業やガス販売事業を引き続き行っています。その中部電力ミライズが行っている事業の一つがPPA事業です。

PPAとは「Power Purchase Agreement(電力販売契約)」の略で、第三者所有モデルとも言われます。施設所有者が所有するスペースに、PPA事業者が太陽光発電システムを設置する仕組みのことです。PPA事業者が太陽光発電システムで発電した電力を施設所有者に提供し、電力使用料を支払うことになります。

このPPA事業に加えて、家庭用の「太陽光発電自家消費サービス」の提供を2022年1月から開始しています。次の項目からこの「カナエルソーラー」について掘り下げていきましょう。

太陽光発電システム設置相当額をサポート資金として提供

「カナエルソーラー」は、初期費用が実質ゼロ円で太陽光発電システムと蓄電池を設置できるのが大きな特徴です。ただし、一条工務店で新築住宅を建てる場合にのみ適用されます。一条工務店では大容量の太陽光発電と蓄電池をパッケージ化した「電力革命プラン」を提供しており、このプランで住宅を建てる際に中部電力ミライズが太陽光発電システムと蓄電池を設置する相当額をサポートするという仕組みなのです。これは、中部電力ミライズが脱炭素化を支援するという目的で、行っている取り組みの一つです。

なお住宅が引き渡された後は、太陽光発電で発電した電気を使い、その分の電気料金を支払う仕組みです。ちなみに料金プランは「バリュー15プラン」が用意されており、下記がその内容です。

・発電出力…10kW未満
・契約期間…15年
・サポート資金…14万4,650円×パネル出力(kW)+57万2,000円
・利用料金…基本料金:3,278円/月、従量料金:19.36円/kWh

利用条件としていくつか項目がありますが、特に注意したいのが申し込み時点で契約者本人または同居者が満60歳未満であることです。また利用料金は原則クレジットカードでの支払いとなりますので、この点も注意が必要です。

プランを申し込むには、サービス申込書を中部電力ミライズに郵送することになります。サービス申込書やその他必要な書類は一条工務店から渡されることになります。中部電力ミライズと契約が成立するとサポート資金(ただしサポート資金の利用使途は自由)が手渡され、その後サービスが開始されます。

住宅は限定されるが、太陽光発電のメリットを存分に受けられる

この「カナエルソーラー」の大きなメリットは、初期費用がゼロ円で太陽光発電システムと蓄電池を導入できることです。そのほかのメリットには下記のようなことがあります。

・二酸化炭素の排出を抑制しながら生活ができる
・蓄電池を用いてより効率的な電気の使い方ができる
・電気料金が安くなる(同社の試算では年間9,300円)

ただしデメリットもあります。下記にまとめましたので確認してください。

・既存の住宅に太陽光発電を取り付けることはできない
・住宅は一条工務店以外で建てることはできない
・太陽光パネルや蓄電池の機種を選べない
・契約期間が15年と長い
・設備のメンテナンスや維持管理が自身が行う、など

これらのメリットとデメリットを把握して、適切な判断をするようにしましょう。

ちなみに一条工務店は1978年に創業したハウスメーカーで、「家は、性能。」をコンセプトに年間1万件以上の住宅を供給しています。本社は東京都と静岡県(浜松本社)に構えており、沖縄県と高知県をのぞき全国に約500拠点、18工場を所有しています。

なお2020年には、「最新年間で最も売れている注文住宅会社」「最新年間で最も多くの太陽光搭載住宅を建てた会社」「最大の工業化住宅工場」の3つの項目において、ギネス世界記録™に認定されています。

太陽光発電を使える住宅を建てるなら割安感が感じられる

今回のコラムでは、中部電力ミライズが新たにサービスを開始した「カナエルソーラー」について紹介しました。「太陽光発電を活用した住宅を建てたい」という場合は、初期費用の相当額を提供してもらえるため実質ゼロ円で導入することができます。

なお、既存住宅用の太陽光発電に関する初期費用ゼロ円プランは株式会社Looopなどが提供しており、中部電力エリアにも対応しています。弊社でもご相談を承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事
太陽光発電をリース契約で導入した際のメリット・デメリットとは?

最新記事