NEWS新着情報

COLUMN
お役立ちコラム

太陽光発電をリース契約で導入した際のメリット・デメリットとは?

2022.07.13 お役立ちコラム

太陽光発電をリース契約で導入した際のメリット・デメリットとは?
太陽光発電システムが経済的なのは知っているものの、導入に踏み切れない理由の一つに初期費用の高さが挙げられます。規模にもよりますが初期費用として100万円〜150万円程度が必要で、さらにメンテナンスや修理も欠かせません。

そこで昨今、注目を集めているのが太陽光発電システムのリース契約です。今回のコラムでは、太陽光発電をリース契約で導入した際のメリットとデメリットを紹介します。

リース料金を支払うことで太陽光発電システムの導入が可能

自動車のリース契約などは広く知られるようになっていますが、太陽光発電システムをリース契約で導入することもできることはご存じでしょうか。リース業者が所有する太陽光発電システムを一定期間借り、契約期間中はリース料金を支払う契約というのが一般的です。

リース契約期間中は、太陽光発電システムで発電した電気を自家消費することができる上に、余った電力を電力会社に売電することもできます。つまり太陽光発電の利用で電気料金が安くなり、さらに売電による収益が得られる可能性もあるのです。契約終了後は、設備をそのまま譲渡してもらえるプランと、リース業者が撤去するプランがあります。こうした契約上のルールも、自動車のリース契約とほとんど同じになっています。

Power Purchase Agreement(電力供給契約、略称PPA)という似たような契約方法もありますが、リース契約は固定月額料金を支払う契約になっていることが大きく異なる点です。リース料金の相場は月額1万円〜4万円前後ですが、PPAの場合は月額の支払いが発電量などによって異なります。

それでは、次の項目から太陽光発電システムのメリットとデメリットについて、解説していきます。

設備に対する費用を抑えられ、さらに太陽光発電のメリットが得られる


太陽光発電システムをリース契約で導入する際は、下記のようなメリットが考えられます。

・初期費用をかけずに太陽光発電設備を設置できる

最も大きなメリットが高額になりがちな初期費用を負担しなくても、太陽光発電システムを設置できることです。通常、リース業者が太陽光発電システムの代金や工事費用を支払い、それに対してリース料金を支払っていく仕組みです。そのため100万円〜150万円程度の初期費用はゼロになるのが一般的です。

・売電によってリース料金が安くなることも

設置した太陽光発電システムで発電した電気は、通常通り、自宅で消費する電気として使用することができます。また電力会社とFIT契約を締結することによって、売電による収入を得ることもできます。つまり太陽光発電による電気を使用するため電気料金が通常よりも安くなるほか、売電によって得た収入によってリース料金の一部を支払うこともできるのです。

・無償メンテナンスや修理などのサポートが受けられる

太陽光発電システムは屋外に設置するため、雨や紫外線、風などの自然環境の影響を受けます。そのため劣化を抑制するために定期的なメンテナンスが欠かせず、修理費用が必要になることもあります。しかし発電量が低下するなどで修理費用の捻出ができないと、太陽光発電システムの劣化を進めてしまうこともあるのです。

しかしリース業者と締結する契約プランによっては、無償メンテナンスや無償修理が含まれているケースもあります。その場合、費用をかけずに太陽光発電システムの劣化を最大限抑制することができます。

設置するメーカーが限定されるなどリース契約にはデメリットも

一方、太陽光発電システムのリース契約には、下記のようなデメリットが考えられます。確認してください。

・契約期間が長く、途中解約がしにくい

自動車リースは5年前後が一般的ですが、太陽光発電システムは設置費用が高額なため契約期間も10年前後となります。この間、リース料金を支払い続ける必要があります。

また途中で解約したくなった場合、撤去費用や解約料金などを支払ったり、リース料金の残高を支払うといった契約内容になっていることもあります。そのため、引っ越しや建て替え、改修工事などもしにくくなります。これもデメリットの一つです。

・設置するメーカーが限定される

太陽光発電システムはメーカーや機種によって、性能や機能が異なります。そのためリース契約の場合は、リース業者が提供する太陽光発電システムになるため、自身で選ぶことができません。リース業者によってはスペックが低いシステムしか取り扱っていないこともあり、太陽光発電の魅力を十分に得られない可能性もあります。

関連記事
エコキュートのリースと購入はどちらがお得? メリットとデメリットとは

導入を検討する際はシミュレーションで慎重に確認を

初期費用の高さは太陽光発電を導入する際の最大のネックです。しかしリース契約を活用することで、初期費用はゼロになります。

こうしたメリットがありますが、リース料金の設定などによって総額では購入して自己所有した方が良いというケースもあります。シミュレーションを慎重に確認して、導入するようにしてください。

弊社では太陽光発電に関わるあらゆる相談事に応じています。気軽にお問い合わせください。

最新記事