subsidiary aid

補助金情報

2021年度(令和3年度) DER(VPP)の補助金

DER(VPP)の構築実証事業に参加することで、家庭用蓄電池の設置に対して高額補助金が給付されます。

◆ DER(VPP)とは?
DER: 分散型エネルギーリソース
VPP: 仮想発電所

工場や家庭内に設置した「太陽光発電システム・家庭用蓄電池・電気自動車(EV車)」などの電力を活用する仕組みのことで、従来型の大規模電源への依存を分散させることを目的としています。

DER(VPP)による補助金の詳細

DER(VPP)構築実証事業に参加すると、sii(環境共創イニシアチブ)から補助金が交付されます。
以下にDER補助金の「仕組み・スケジュール・補助金額」など詳細を解説いたします。


DER(VPP)の補助金の概要

予算総額 45億2000万円
販売目標価格 蓄電池商品・工事代の総額が、
1kwhあたり16.5万円
※目標価格以下での購入が補助金の条件です。
補助金額 ・初期実効容量1kwhあたり4万円
(蓄電池商品工事代の1/3以内)
・ヘムスに対して一律10万円

DER(VPP)の補助金のスケジュール

申請期間 2021年6月初旬~
系統連系の期限 2021年12月24日
実証事業の時期 2022年1月頃(事業期間は1週間程度)
実績報告期限 2022年2月10日

各家庭用蓄電池の補助金額

ニチコン 補助金額
ESS-U3S1 4.1kWh 232,000円
ESS-U2M1/ESS-U4M1/ESS-U4X1 11.1kWh 476,000円
ESS-H2L1 12.0kWh 508,000円
ESS-U2X1 16.6kWh 672,000円
NFブロッサムテクノロジーズ 補助金額
LL3098HOS/X/Y 9.8kWh 400,000円
LL5510HOS/5・6 13.16kWh 508,000円
長州産業 補助金額
スマートPV 6.5kWh 316,000円
スマートPVプラス 7.04kWh 348,000円
スマートPVプラス14.08kWh 596,000円
スマートPVマルチ 9.8kWh 432,000円
スマートPVマルチ 16.5kWh 668,000円
オムロン 補助金額
スマートe-ストレージ 6.5kWh 316,000円
スマートe-ストレージ 9.8kWh 428,000円

交付申請受付終了のお知らせ

お申込みの手順

お問い合わせ・見積もりから設置完了までの簡単ステップ。
マナー教育、技術を有した専門プロスタッフがスピーディーにご対応いたします。

  • お問合せ
    お問合せ

    まずはお電話ください。メールフォームからのお問い合わせも可能です。
    折り返し担当者からご連絡いたします。

  • 現地調査・お見積り
    現地調査・お見積り

    お電話、メールにてご依頼いただいた後、現地調査にお伺いします。
    調査内容にて正式見積もりいたします。

  • お申込み
    お申込み

    必要事項をご確認のうえお申し込みいただきます。
    申し込み後、メーカーにて図面を作成し、設置イメージを確定します。

  • 工事
    工事

    工事予定日に当社工事スタッフがお伺いし設置いたします。
    設置工事は2~4時間で完了します。
    設置完了後、試運転を行い機器に不具合がないか、お客様お立ち合いのもとご確認いただきます。

  • お支払い
    お支払い

    設置完了後、試運転、内容に相違ないかご確認のうえ
    お支払いください。(安心の後払い)

お役立ちコラム集 Column

太陽光パネルの日本での普及率は?需要が増えている理由についてmore

オール電化住宅は蓄電池を導入すべき?蓄電池を設置すべき理由とメリットmore

災害対策には蓄電池の活用がおすすめ!蓄電池を導入するメリットとはmore

家庭用蓄電池の普及率は?日本で需要が増え続けている理由についてmore